fx取引をどうすれば稼げるか考えよう

fx取引で上手く稼げるようになるためにはどうすればいいのか?

Latest Posts

無料のツールでも勝てる

実はFXの取引ツールの中には、

有料のものと無料のものがあります。

有料のものは、FX取引をするためのチャート分析や同時に注文ができるものなどもあり、さらにはバックテスト【検証機能】のついたものまであります。

当然、FX取引を円滑にするために開発されたものなので、
良いものも多いのですが、はっきり言って、

無料の取引ツールで十分です。

■無料の取引ツールでよい理由

今、日本の企業か経営しているFX会社は、両手で数え切れないほどの
数が有ります。

一昔前には、FXは危険とか株を取り扱っている証券会社と違って、
会社が潰れても国の保証や制度に守られていなかったため、

お金を預ける会社の信用度が重要とか、自己資本比率などの
会社の経営状態の安全性などを見て口座を開設するのが良い。

と言われていました。しかし、

レバレッジ規制やFX会社の経営健全化によって
そういった部分はあまり重要視されなくなってきました。

そんな流れの中では、廃業してしまうFX業者もあれば、
他業種から新規参入するFX会社もありました。

(一応、今現存しているFX会社では問題のありそうなところはなさそうです。あくまでも現段階では。FX会社の資金繰りや倒産リスクが知りたければ、その会社の自己資本比率の推移をみて判断すると良いです。)

そういった背景があり、FX業界がより多くの投資家を集めようと
競争原理がさらに厳しくなったんですね。

そうすると、顧客サービスを充実させて口座開設をしてもらおう。

と考える会社が増えて、スプレッドが狭くなったり、
取引ツールが便利に充実するようになったのです。

以前は、本当にチャート機能は補助的なもので、
純粋に口座の中身と注文のボタンがならんでいるだけで、
簡素な取引ツールだったものが、

移動平均はもとより、フィボナッチやRSIなど
さまざまな分析指標が同時に表示できたり、

トレンドラインや水平線をチャート上に自由に引けたり

まさに有料サービスでもおかしくないほどのレベルのもの。
が、その会社に口座を持っているだけで使えるようになったのです。

ですから、本来なら

これならお金をとっても良いのでは、

と思えるほどの取引ツールが、無料で使える世の中になった。
というわけです。

FX会社は、それだけ多くの人に口座を開設してもらい。
取引をしてもらうことで利益を産むことができるので、

顧客獲得合戦が熾烈なおかげで、今、個人投資家はかなり良い状況にあります。

口座の維持費も0円ですから、いくつもの口座を開設している人も多いです。ですから、よりトレードを便利にするためにいくつか興味のある口座は開設してツールを使ってみましょう。

fx取引ツールがいっぱいありすぎて、初心者は迷う。

FX会社がたくさんあるように、取引ツールも

その会社ごとに特徴があったり、この口座の取引ツールではできることが、

他の会社の取引ツールには備わっていない機能があったりすることがよくあります。

また、取引ツールはその会社が管理しているサーバーによって動いているため、サーバー障害などがあった場合は、電話で問い合わせても会社自身がその顧客の口座情報を知ることができないため、決済なども全く出来なくなる。というケースがこれまでにも過去数回は起こっています。

これをサーバーダウンと言い、オンライン取引ではどうしても起こり得るリスクです。ネット取引ができるようになったことで便利な上に、自宅でもかなりスピード感のあるFXトレードができるようになりましたが、その良い面ばかりでなく、リスクもあることを忘れないようにしましょう。
この、サーバーダウンにより取引できなくなるリスクと、最初にあげた取引ツールごとによって異なるサービスをより快適に利用する最良の方法があります。

それは、取引口座・取引ツールを複数所有することです。
FXは、少額取引することができますし、レバレッジを使うことで少ないお金でも大きなロットでの取引をすることも可能ですから、

当初の投資予定金額があるとして、例えば

100万円使ってFX運用する。 と決めていたなら

50万円ずつに分けて、2つのFX口座を使ったり、

することもできますよね。

こうすることで、1つのサーバーがダウンして取引できなくなったときに、もう1つの取引口座で反対売買を行なうことでヘッジをかけることができます。(もっと簡単に説明すると、売っていたポジションが決済できなくなった場合、もう1つの口座で同じ枚数買うことで、一方の間マイナス分はもう一方のプラス分で相殺できる。という意味です。)

さらに、実質的に使える取引ツールは2つになりますから、そのツールごとのサービスや機能も使い倒せるようになります。
最初は、使い始めたツールの機能や決済方法しか知らなくっても、資金が大きくなったり、取引スタイルによって、

一括決済や複数決済、ワンクリック注文など

あると便利な注文方法があったりします。
これらは、資金が大きくなれば必須の注文方法ですし、
雇用統計などの値動きの激しい動きのときはワンクリック注文は
欲しい機能ですね。
ですから、FXの口座は複数開設して、取引ツールも複数使えるようにしておきましょう。

fx取引ツールを比較~実践的に使える機能はどれだ!~

FXは、取引手数料が必要なく、さらには少ない資金でも始められる。

とあって、とても人気です。

特に最近は、アベクロ相場で円安が一気に加速したことで、
投資に興味を持つ人や実際にトレードをする人が増えました。
例えば、街中で20代前半の女の人がトレードの本を読みふけっている。

なんて光景は、なかなかここ数年では見られなかったことです。
さらに、TVでも今回の株高・円安相場で儲かった個人投資家の特集
なども度々見ますから、それだけ投資が身近になってきています。
確かに、銘柄によっては何十万も投資資金を用意しなければならない株や
何年も持たなければならないような投資信託とは違い。
FXはとても手軽な投資対象です。
しかし、参入障壁が低い。ということは、それだけ稼ぐのは難しい。

ということです。
ここはとても大切な考えですので、もっとわかりやすく解説しておきます。
誰でも簡単に始められるビジネス。というものは、

どんなジャンルであれ、実際に稼ぐことは難しいことがほとんどです。

リアルビジネスでも、どんどん真似する人、新規参入者がやってきますしね。

その一方で、始めるのが難しいビジネスは、

誰でも始めることができないので、真似される心配や新規参入のライバルも少ないです。

FXは、誰でも簡単にFX会社に口座を開いて小遣いさえあれば

始めることができる。参入障壁の低いものです。
だから、実際に稼いでいる人・儲かっている人は少ないわけですね。

トレードは誰でもできます。でも、勝てる人は少ない。
これがFXの世界の真実です。
話によると、FXトレーダーの5年間生存率は5%もないのだとか、、、
つまり、5年経つ間に、資金がなくなるか、やめてしまうか。

という人がほとんど。ということです。

自分だけは大丈夫。という過信をするよりも

念には念を重ねるぐらいの慎重な人や勉強熱心な人の方が
FXでは勝ち続けることができますから、
一過性の運任せによる投資ではなく、

実力を発揮して、いつでも好きに稼ぐ力をつけるようにがんばりましょう。

そのために、このサイトでは、

実際にトレードする側に立って,
FX取引ツールを比較しています。

実際に口座を開設して使って検証しているのが、当サイトの一番の強みですから、

個人トレーダーなら設定して利用すべきサービスも紹介していきたいと思います。

便利なツールは徹底的に利用して、楽にFXで稼ぎましょう。